★若い世代にオススメの1日自動車保険の理由を徹底解説!★

自動車保険1日自動車保険とは、その名の通り1日だけの自動車保険のことを言います。この1日自動車保険は、2012年に東京海上日動が「ちょいのり保険」の販売を開始したのが始まりで、現在では三井住友海上が販売する「1DAY保険」、あいおいニッセイ同和損保が販売する「ワンデーサポーター」の3種類があります。自動車保険としての補償内容は、基本的にはどれも同じで1日単位で加入できるのが特徴となっています。では、一体どのような人に1日自動車保険がオススメかと言うと、運転免許は持っているものの自分の車を持っておらず、運転する機会もあまりない学生などのペーパードライバーにオススメの自動車保険です。なぜなら、運転免許を取って運転する際は当然ながら何らかの自動車保険に加入していなければ、万が一のことが起こってしまった時にどうしようもない上、車を運転する際に自動車保険に加入すると言うことはドライバーとしての最低限のモラルであるからです。しかし、基本的に、一般的な自動車保険である任意保険は保険料が高く、特に21歳未満であればさらに割高になってしまうので、あまり車を運転する機会がない人は任意保険では自分に見合った保険料であるとは言えません。そこで、そのような人にオススメなのがこの1日自動車保険です。1日自動車保険であれば1日500円から加入でき、スマホやコンビニで簡単に手続きできます。気軽に利用できるため、県外に進学した学生が帰省して際に親の車を運転したり、友達の車を運転してみんなでドライブしたりする際に使えます。また、予期せぬタイミングで他人の車を運転する際も、運転する前に1日自動車保険に加入すれば安心です。さらに、1日自動車保険には1日1500円から車両補償がついているプランにも加入できるのでさらに安心度が高まります。その他にも、1日自動車保険にはロードサービスもついていたり、複数回の利用や複数で同時に加入することで保険料をさらに安く抑えたりすることができます。保険会社によっては無事故であれば、等級制度も適応されるため、将来的に任意保険に加入する際もお得にです。そんな1日自動車保険を選ぶポイントとして、利用する前にそれぞれの商品をしっかりと比較することが大切だと言うことができます。実際、1日自動車保険はどの商品も大まかな原理は同じですが、それぞれの商品によって補償内容や加入方法、事故時の対応など、あらゆる場面で大きな違いが出てきます。それぞれの商品のメリット・デメリットを把握し、しっかりと特徴を掴んだ上で、自分にとって最適なプランを選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です