★九州のここ長崎で人材派遣という働き方を考える。★

ワークスタイルの多様化が最近では珍しいことではなく、キャリアを優先させるか、プライベートを充実させるかで選ぶ人も増えています。これは首都圏など都市部に限ったことではなく、地方都市である長崎でも浸透しています。企業も正社員に限らず人件費削減や業務効率化を図るべく契約社員や人材派遣など幅広く募集するようになっています。人材派遣という言葉は長崎でもよく耳にしますが、皆さんは理解していますでしょうか。文字通り企業の職場に人材を派遣することであり、雇用主は派遣元の会社となります。つまり、働いている会社が雇用主ではないとうことです。メリット・デメリット双方がありますが、派遣元が雇用主となるため、現場の会社よりも待遇や福利厚生が充実していることがあります。また、大企業や有名企業などに派遣社員として勤務できるため、業界をリードする組織でキャリアを積むことだって可能です。未経験でも人材派遣なら募集されるケースが高いので、興味のある専門スキル磨くことも可能で、希望の職種で活躍するためのステップアップとして人材派遣を選択する人も多いです。また、勤務時間は残業が少なく決められた時間内のみの就業が多いため、プライベートの時間を充実させることが可能です。資格の勉強や子育てとの両立が可能な点で好んで働く人もいます。そんな人材派遣を長崎で探すなら地域密着型のアソウヒューマニーセンターがおすすめです。福岡を拠点に九州で人材紹介を行っている麻生グループの企業で長崎にも独自のネットワークを豊富に有しています。首都圏の大手人材会社にはない案件を紹介してもらえるので、理想の職場に出会う確率が高まります。長崎で人材派遣を考えている人はぜひチェックしてみると良いでしょう。

FireShot Screen Capture #232 - '長崎の人材派遣・紹介予定派遣のTOPページです。自分にあった条件で長崎での派遣のお仕事を検索しましょう' - haken_ahc-net_co_jp_nagasaki

 

 

 

 

★派遣とアルバイトの違いは?長崎でお仕事探し!★

長崎で仕事を探す場合、正社員、パート、アルバイトに加えて派遣という働き方があります。アルバイト、パート、派遣はどれも非正規雇用という意味で一緒ですが、派遣とパート・アルバイトでは違いがたくさんあります。まず、パート・アルバイトは職場である会社が雇用主となって直接契約を結びます。しかし、派遣は人材派遣会社が雇用主となり職場である会社は派遣先となるため、給与や福利厚生は人材派遣会社から支給されます。また、2015年の法改正によって、60歳以上を除き、派遣期間の制限が設けられています。したがって、パートやアルバイトのように長期間同じ職場で働くことができません。ただし、企業側が必要とした場合、派遣から直接雇用へと切り替えられることもあるので、雇用の安定化が期待できます。また、残業や業務内容など最初交わした契約と異なる場合、職場の上司に相談するのではなく、派遣会社の担当者に伝えることになっています。派遣会社と企業側の連携ミスによって生じるケースもあるため、職場が100%悪いというわけではないので注意しましょう。雇用主が人材派遣会社となるため、パートやアルバイトに比べると報酬や福利厚生の面では充実していることが多いようです。また、年末調整なんかも派遣会社が行ってくれるので、アルバイトやパートのように自分で確定申告を行う必要もなく安心です。アルバイトは手軽に働けるメリットがありますが、やはり報酬面で見劣りしてしまう案件が多いようです。いっぽう派遣の場合は報酬が高くなる分、業務内容も複雑化したり、契約期間内は途中で辞めるとは難しくなります。派遣もアルバイト・パートもそれぞれ良い面と悪い面があるので、自分が理想とするワークスタイルを実現できるほうを選ぶと良いでしょう。ちなみに派遣を応募する際は人材派遣会社に登録する必要があるので、この場合は複数に登録しておくと効率良く仕事を探すことが可能です。

★長崎の派遣案件で多いコールセンターでどんな仕事?★

長崎県は、地方都市の1つであり決して求人数が豊富な場所ではありません。しかし、近年は行政の働きかけによって企業誘致に成功しているケースがみられています。特に顕著な例としては、コールセンターの誘致に成功し大手企業が相次いで長崎に進出していることです。ANAテレマートやチューリッヒをはじめとする保険会社など誰もがしる大手企業で働くことが可能です。長崎は、優遇制度による県有地の借り受けや環境整備の支援が充実していること、そして、大学や専門学校の高等教育機関が整備されていることが企業にとって高い評価を得ているようです。コールセンターの求人は派遣として募集されていることが多く、家庭や趣味などプライベートと両立しながらキャリアを積むことが可能です。派遣から正社員へとステップアップの道もあるので、長崎でキャリアを磨きたい人は派遣で募集されているコールセンター業務を候補に入れてみてはいかがでしょうか。コールセンターは未経験からでも可能な仕事で、多くの女性が活躍する職種です。コールセンターと聞くとクレーム処理のイメージを持つ人もいるかもしれませんが、実際はオペレーター業務が多くサービスの受付や各種変更、利用方法や商品に関する問い合わせなどの仕事が多いです。また、自ら電話を発信して商品の案内やアンケート調査を行うアウトバウンドの仕事もあります。相手の顔が見えないため対応力が問われる分、コミュニケーション能力を高度に身につけることが可能です。また、敬語や正しい言葉遣いなども習得できるため、キレイな日本語に自然となります。時にはクレーム対応や想定外の質問や応対などの機会に遭遇することもあるので、臨機応変に物事を処理できるようになれるのもコールセンターの魅力です。基本的に研修制度が充実しており誰でもできる仕事ですが、人話すのが好きな人や聞き上手、接客が好きな人におすすめです。長崎で仕事を見つける際に派遣とコールセンターを含めて仕事探しを行うと選択肢が広がるのでぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

人材派遣 長崎はコチラ

★派遣で役立つと言われているITパスポートという資格について★

派遣で働くときに資格を持っているというのはとても強みになります。資格には様々なものがありますが、最近派遣で役立つITパスポートという資格があることをご存知でしょうか。長崎で派遣で働くときにもこのITパスポートを取得していることで役に立つことも多いようです。ここではITパスポートという資格がどのような資格なのかご紹介したいと思います。まず、ITパスポート試験とは、経済産業省が認定している国家試験となります。近年、日本でもITの高度化はどんどん加速しています。日本の企業でも業界、業種、職種に限らずITの基礎知識は必要となってきているため、現在の情報社会で活躍できる知識を証明することを目的に生まれたのが、ITパスポート試験なのです。とても高度な試験のように感じる方もいるかもしれませんが、実はそこまでハイレベルな試験ではなく、あくまで情報処理分野における入門編程度の試験なのです。では、ITパスポートの資格を取得することでどのような知識を身につけることができるのでしょうか。ITパスポートの資格を取得するとITの仕組みを理解でき、活用していける知識を得ることができます。情報セキュリティや企業コンプライアンスから、ネットワークやデータベースに関する知識まで幅広く習得できるので、資格取得を通じて企業コンプライアンスへの意識が高まったり、社内のシステム部門とのコミュニケーションが円滑になるメリットがあります。つぎに、試験の難易度ですが、試験の合格率は40~50%、初級シスアド検定の合格率が約30%となっています。ストラテジ系やマネジメント系は暗記問題が多いので苦戦する人も多いようです。次に、ITパスポートを取得することで派遣にどのように役立つのでしょうか。実は、ITパスポートの資格持っているという理由だけですぐに仕事がもらえるというわけではありません。なぜなら、ITパスポートの資格は、プログラマやエンジニアなら知っていて当たり前の知識ばかりなので専門性の高さを示すものではないからです。ただし、プログラマやエンジニアの派遣を志望する際は別です。未経験の応募者と比較すればITパスポートの資格を持っているということは基礎的な知識を身につけているという印象を与えることができるので有利になります。このようにITパスポートの資格を取得していると職種によっては有利になることがありますので、長崎でプログラマやエンジニアの派遣に興味がある方はITパスポートの資格取得にチャレンジしてみるといいでしょう。

★派遣で役立つ資格として有名な日商簿記を徹底分析★

派遣として働いていると、契約が満了したときに次の新しい仕事を探さなければいけません。そんな時、資格を持っていると仕事探しにも有利となり大変役立ちます。現在、資格を持っていなかったり、武器となる資格が欲しかったりする方におすすめなのが日商簿記の資格取得です。派遣として働くときは、パソコン関係の資格が有利だと思われていますが、実は日商簿記の資格を取ることで有利なことが多いのです。なぜなら、日商簿記の資格取得者というのは意外と少ないので日商簿記の資格を持っているとかなり有利となるからです。日商簿記は短期間に集中して頑張れば、初心者でも6ヶ月ほどで取得可能な資格ですのでどなたでもチャレンジが可能ですし、実務経験がなくても日商簿記の資格を持っているだけで派遣会社から仕事の電話がかかってくることもあります。難易度も級によって異なってきますが、1級を除けばやる気さえあれば誰でも取れる資格です。また、数字を扱う資格ですが、数学が苦手という方でも全く問題ありません。簿記検定で身に付くスキルは財務諸表の内容から経営内容を判断するなど財務職として働く上でもとても役に立ちます。 日商簿記検定の2級と3級においては、上位何パーセント合格といった試験ではなく、合格点をクリアしていれば全員が合格となりますので、努力したら確実に結果を得られる資格試験となります。また、年齢や学歴等の受験資格もありませんのでどなたでもチャレンジできる点も大きな特徴といえるでしょう。日商簿記の検定試験は、2016年度から企業活動や会計実務に即した実務的なものとなるように出題範囲が変更になっています。ここでは簡単に各日照簿記を紹介していきます。

【3級】

商業簿記のみの学習となります。経理関連書類処理や青色申告書類の作成など、初歩的な実務に関してある程度の知識が身につきます。初歩的な問題が多いのでまずは3級取得からスタートしてステップアップしていくと良いでしょう。

【2級】

経営管理・財務担当者には必須の知識とされる財務諸表の数字を読み解く力が身につき、経営内容を把握できるようになります。履歴書に書けるのは2級からと言われているので、派遣で経理職を目指すなら2級取得を目標にしましょう。

【1級】

公認会計士、税理士などの国家資格を目ざす方の登竜門の資格となります。極めて高度な商業簿記・会計学・工業簿記・原価計算を学び、会計基準・会社法・財務諸表等規則などの企業会計に関する法規を理解し、経営管理や経営分析ができるようになりす。日商簿記最上位の資格であるため難易度は非常に高いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です