★あなたの死亡保障額は正しいですか?保険は定期的な見直しが必須です!!★

保険に加入する際に死亡保障額をいくらに設定すれば良いか迷ったことはありませんか。保険外交員や代理店を通じて加入する際は教えてくれますか、なかには担当の利益優先で不必要に高い金額を設定しているかもしれません。また、最近ではネット通販型のダイレクト保険が増加しており、安い掛け金で加入できるようになりました。ただし、ダイレクト通販型の死亡保険の場合は、自分で死亡保障額を設定する必要があるので保障額が過不足になりがちです。そこで今回は、典型的な例をもとに適切な死亡保障額を紹介していきたいと思います。まず、独身の方は自分の葬式代程度の死亡保障額でいいので200万円程度あれば問題ありません。つまり、死亡保険が効果を発揮してくるのは家庭を持った場合です。まず、残された家族が生計を立て直すのに必要な期間を3年と定めます。これに年収をかけた金額が一般的に必要な死亡保障額となります。たとえば、年収500万円の世帯の場合は1500万円の死亡保障額が必要となるということです。これに加えて、子供がいる家庭の場合は追加で教育費が必要となります。子供の年齢や、公立か私立かでも必要な金額は異なってきますが、一般的に全て公立なら1000万円、全て私立なら2400万円の教育費が必要と言われています。これを参考にして死亡保障額を計算すると良いでしょう。もし、自分が加入している死亡保険の保障額に過不足に合ったという人は一度見直してみることをおすすめします。保険は一度加入したら終わりではなく、定期的にメンテナンスしてあげる必要があります。結婚、出産、子供の独立などのライフイベントが見直しに最適なタイミングとなっています。見直しで保険会社を変更したり、適切な死亡保障額に設定しなおしたりしたら保険料の上昇を抑えることができるかもしれません。重要なのは万が一の時に適切な死亡保険金を受け取り残された家族の生活を守ってあげることです。死亡保障額は各家庭によって異なってくるので、この機会に一度じっくり確認してみることをおすすめしましょう。

死亡保険比較ランキング※最適な保険の選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です