★銀行印を法人で作るならセットで購入したほうがお得?★

法人印のセット銀行印は、個人が口座を開設する際だけでなく、法人でも口座を開設する際に登録する必要があります。個人の場合は必要に応じて銀行印を作成するのが普通ですが、法人で銀行印を作成する一番のタイミングは会社設立時のときではないでしょうか。事業を行う上で法人口座は必須であるため、代表印と一緒に作成するケースが一般的です。その時におすすめなのがセットで印鑑を作成してしまうことです。経営していくうえで必要となる法人代表印・銀行印・角判の3つがセットになった商品です。セットで購入すると個別で印鑑を作るよりも若干割安に設定されています。しかも、3つの印鑑を保管できる専用ケースも付いてくるので、個々の印鑑を用意するよりも紛失等のリスクが無くなり、管理するうえで便利となります。さらに、認印もついた4本セットもありますが、最低限使用する3本があればまずは大丈夫です。ただし、法人口座は一つだけでなく、事業やクライアントに合わせて複数の口座を開設することも珍しくありません。その場合は必要に応じて銀行印を作成すると良いでしょう。なお、法人印鑑の形状には寸動タイプと天丸タイプの2種類があります。管理するうえで区別がつきやすいよう、銀行印は寸動タイプ、代表印は天丸タイプといったふうに使い分けることも可能です。通常はサイズの大小で法人代表印か銀行印かを区別しますが、形状を変えておくことでより簡単に見分けることができるようになります。なお法人用の印鑑をネット通販で作るのがお得でおすすめです。特に会社設立セットの印鑑はキャンペーンで割引されているケースが多いのでまずはサイトに訪問して確認してみることをおすすめします。