★人気資格の公認会計士になろう!専門予備校で効率的な学習を進め短期合格を実現する!★

財務会計の専門家である公認会計士は古くから人気の資格であり、合格後は監査法人に勤めて大企業を相手に会計監査業務を手がけます。医師や弁護士と並んで社会的地位や収入も高い資格ですが、その分、難易度も非常に高い試験として注目されています。公認会計士試験に合格するためには、財務会計・管理会計・監査論といった会計科目のみならず会社法や租税法の知識も必要となっており、幅広い分野の学習が求められるため専門の予備校に通って効率的に学習することをおすすめします。独学で合格する方も中にはいらっしゃいますが、かなりの少数派であり、多くの受験生は公認会計士専門学校で学び合格の栄誉を手にしています。合格する為には、早くても3年の勉強が必要とも言われており、2年で合格できれば短期合格者として注目されるほど高い難易度を誇っています。財務会計の1科目を見ても、そのレベルは日商簿記1級や税理士試験の簿記論と変わらない難易度を求められており、トータル7科目を受けなければならないことから実績のある予備校で必要な範囲を学習していくことが重要になります。公認会計士の予備校は、年間を通して授業や答練・模試をスケジュールしており、カリキュラムに沿って勉強することが合格レベルに到達することが可能です。「公認会計士攻略ガイド」では、さまざまなユーザーによる口コミ評判を中心に予備校をランキング形式でご紹介しています。公認会計士攻略ガイドTRUSTを参考にして試験勉強をスタートしてみませんか。

公認会計士 予備校はコチラ

URL:xn--6oq69csyk568c7sa.biz

公認会計士攻略ガイド※適切な試験対策で最短合格を実現