★新規参入の増加と競争の激化により今後ジェネリックメーカーの再編が起きる!?★

医療費の支出を削減するために国を挙げてジェネリック医薬品の推進を行っています。1兆円とも言われるジェネリック市場には、国内外の企業が参入しています。ジェネリックメーカーとしては、沢井製薬や日医工といった専門の企業イメージがあります。しかし、今では後発医学品の元となる新薬を開発する武田薬品工業、第一三共、田辺三菱製薬、サノファといったジェネリック市場へ新たに進出しています。こういった新薬メーカーはグループ会社を設立したり、専業のジェネリックメーカーと共同で会社を設立しOEMによって販売しています。なぜ、新薬メーカーがジェネリック市場に参入しているかというと、やはり新薬の開発は膨大な予算と時間がかかってしまうリスクの高さがあります。ジェネリック医薬品なら、市場が既に拡大して安定しているため収益の確保が容易と考えている企業が多いようです。また、新薬メーカーだけでなく、調剤薬局もジェネリック市場に参入しています。大手調剤薬局として有名な日本調剤では、ジェネリックメーカーと共同で会社を設立したり、資本提携を行うなど積極的に参入を進めています。調剤薬局業界は競争が激化しており、新たな収益確保の手段として後発医薬品の分野へ進出しているようです。また、患者さんの中にはジェネリック医薬品の使用を嫌がる人がいますが、調剤薬局が自ら製造することで安心して提供できる狙いがあります。このように、ジェネリックメーカーといえば、これまでは沢井製薬・日医工・東和薬品の3社が代表的でしたが、今後は新規参入の増加による競争の激化で、業界の再編が活発になることが予想されています。医療機関でも後発医薬品の処方が今後増えていくと思われるので、我々も正しい知識を持って利用したいものです。また、医薬品を処方する側の人も、先発品にできるだけ近い効果が期待できるジェネリックを正しく提供してもらうことを期待するところです。医療関係者には、後発医薬品の効果を把握できるジェネリックレビューと呼ばれるサイトがあるので、ぜひ確認していただければと思います。

FireShot-Screen-Capture-#203---'ジェネリックレビュー-I-ジェネリックレビュー'---generic-rev_com_#

★電力自由化全面解禁で法人もより選択肢が増えました!電気を変えるなら今がチャンス!★

電力と言えば、これまでは事務所や工場や所在する地域を管轄する電力会社と契約して電気を使用するのが一般的でした。最近では、2016年4月から家庭の電力自由化が大きく取り上げられていますが、実は法人ではすでに始まっています。1995年に電気事業法が改正され、独立系発電事業者(IPP)の参入が可能となり、2000年からは高圧を対象とした法人への電力自由化が開始されました。これに伴い、大規模工場やデパート、オフィスビルでは、電力会社を自由に選べるようになっていました。長年のあいだ一般家庭や小規模店舗などは対象外ですが、2011年3月に起こった東日本大震災の福島原発事故を受けてエネルギー政策に対する国民の関心はいっきに高まります。そして、原子力に頼らならない電気を利用したい人や、一方的な電気料金の値上げに不満を持つ人の声の応じる形で、ようやく来月から全面自由化がスタートするまでに至りました。これは個人だけでなく、法人も大きく影響しており、今までは大口需要家しか自由に選べなかった電力会社を小規模法人も対象となるからです。しかも、電力自由化の全面解禁によってたくさんの企業が新規参入を表明しており、今までにない充実のサービスを期待することが可能となりました。セット割などの割引プランは個人対象のものが多いですが、なかには法人でもガスとセットで申し込むと割引が受けられるプランもあるので詳しくチェックしてみましょう。ただし、多くの新電力が様々な電力料金プランを提供しているので、失敗しないためにも一度プロに相談してみることをおすすめします。電力会社.netというサイトでは、新電力コンシェルジュサービスを行っており、電気のプロから法人ごとに最適な電気料金プランを無料で提案しもらえるサービスです。簡単な会員登録で利用できるので、一度相談してみることをおすすめします。

電気自由化 法人はコチラ

URL:xn--6oq38f3t0c83y.net

FireShot-Screen-Capture-#186---'電力会社_net※電力自由化対応の電気料金比較ランキング'---電力会社_net